歯がグラグラする【歯周病】 歯がグラグラする歯周病

TOP >歯がグラグラする【歯周病】

成人の約8割が歯周病の予備軍と考えられています

[画像]成人の約8割が歯周病の予備軍と考えられています

歯みがき剤や洗口剤といったデンタルケアグッズのコマーシャルで、「歯周病」という言葉を耳にされる方は多いと思います。
「なんとなく聞いたことがある病気」かもしれませんが、実は歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位であるお口の病気なのです。

かつては「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていたことから、高齢者の病気という印象が強いかもしれません。
しかし、近年は10代の若年層の発症も多く報告されています。
むし歯に並ぶお口のトラブルの代表格でありながら、その恐ろしさがあまり知られていない歯周病。
正しい歯周病に関する知識を得て、予防に努めましょう。

放置すると大変!歯周病は怖い病気

[画像]放置すると大変!歯周病は怖い病気

歯周病は歯みがき時の磨き残し(プラーク・歯垢)や歯石に潜む「歯周病菌」が原因となって発症する感染症。
初期症状としては歯ぐきに炎症を起こしたり、出血を起こしたりします。
しかし、かなり進行するまで痛みなどの自覚症状がなく、気づいたときには顎の骨が溶かされ歯を支えきれなくなり、ポロリと歯が抜け落ちてしまうということもあるのです。
歯周病は適切な予防処置でコントロールできる病気です。
気になる症状がありましたらお早めに、東京都北区赤羽の「あきやまデンタルクリニック」で受診してください。

あなたの歯周病危険度をチェック!
  • 朝起きた時に口の中がネバネバする
  • 口臭がキツくなってきた
  • 歯ぐきが下がって歯が長くなったように見える
  • 歯の間に食べ物が挟まりやすくなった
  • 歯ぐきに腫れや変色(赤・紫)がある
  • 歯が浮いたような感じがする
  • 固いものが噛みにくくなってきた
  • 歯ぐきから血や膿が出る
  • ブラッシング時に出血する
  • 歯がしみる
  • 歯を触るとグラグラする

上記項目にいくつ当てはまりましたか?

1~3個 4~6個
軽い歯肉炎を起こしている可能性があります。
適切なブラッシングなどデンタルケアでコントロールしましょう。
歯科医院でのクリーニングがおススメ。
軽度歯周炎になっている可能性大。
放置すると重症化してしまいます。
早めに歯医者で受診して、適切な処置を受けましょう。
7~9個 10個以上
中等度歯周炎の可能性があります。
歯を失わないようにきちんと治療を受けましょう。
重度歯周炎になっている可能性があります。
このままでは歯を失いかねません。
早急にご来院ください。

歯周病の症状と治療方法

進行段階 症状・状態 治療法
歯肉炎
歯肉炎
歯ぐきに赤みがあったり、腫れが感じられたりします。
ブラッシング時に出血が見られるのも歯肉炎のサインです。
正しいブラッシングや、歯科医院での歯石除去で進行を抑えます。
軽度歯周炎
軽度歯周炎
歯肉の腫れが強くなり、歯にグラつきが感じられるようになります。
歯周病進行度合いの目安となる歯周ポケットの深さが3~4mmほどになっています(健康な人で2mm程度)。
歯科医院の専門的なクリーニングや処置でプラークや歯石をしっかり取り除きます。
中等度歯周炎
中等度歯周炎
歯のグラつきがひどくなり、固いものがしっかり噛めなくなっています。
歯周ポケットは、4~6mmと深くなっています。
また、歯を支える骨が半分ほど吸収されています
歯周病菌の温床となっているプラーク・歯石を徹底的に取り除きます。
場合によっては、歯周ポケット内部の清掃のために、歯ぐきを切開する処置を行います。
重度歯周炎
重度歯周炎
顎の骨の大部分が溶かされた、末期の状態です。
いつ歯が抜け落ちてもおかしくありません。
歯周ポケットの深さは7mm以上となっています。
外科手術や顎の骨の「骨再生治療」が必要な段階です。

北区赤羽の歯医者「あきやまデンタルクリニック」の院長・穐山文彦は、20年以上歯周病を専門に治療しています。
重度の歯周病に対する外科的処置も可能なので、歯周病のことなら何でもご相談ください。

歯周外科治療

歯周病が悪化して重度歯周炎になると、顎の骨の再生を促す「骨再生治療」が必要となってきます。
当院では、エムドゲインという治療法を主に採用しています。

エムドゲイン

[画像]エムドゲイン

エムドゲインは、歯周病に冒された骨や歯肉をしっかり取り除いた部分に、特殊なタンパク質を主成分とするゲル状(ジェル状)の「エムドゲインゲル」を塗布します。
エムドゲインゲルには、歯周ポケットの再発を防ぎながら歯を支える骨の再生能力を高める効果があります。
※保険外治療となります。

歯周病は予防ケアで未然に防ぎましょう むし歯・歯周病になる前に【予防歯科】

歯並びでお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。お問い合わせは 03-6454-4618

ページトップ