歯並びが気になる【矯正歯科】 歯並びが気になる矯正歯科

TOP >歯並びが気になる【矯正歯科】

歯並びを治すメリットとは~矯正治療~

[画像]歯並びを治すメリットとは~矯正治療~

大人でも、歯並びの乱れが気になっている方は少なくありません。
しかし、「矯正は子どもがするもの」という印象が強く、治療をあきらめてしまったり、装置の見た目から躊躇(ちゅうちょ)したりしてしまうということもあるようです。

東京都北区赤羽の「あきやまデンタルクリニック」では、あらゆる年代の方に矯正治療をご提案しています。
矯正専門医を招いての診療なので安心して治療を受けていただけます。
治療中のむし歯歯周病といったトラブルも対応できます。
また、目立たない矯正装置も取り扱っていますので、矯正中の見た目が気になる方にも安心です。
歯並びが気になる方、矯正治療に関心がある方は、当院へお気軽にご相談ください。

矯正治療とは

[画像]矯正治療とは

矯正治療は、歯に軽度の力をかけて正しい位置に導く治療法。
噛み合わせの改善にもつながります。
矯正治療は単にお口の機能性を向上させるだけでなく噛み合わせが安定するため、体の筋力バランスの改善にもつながります。
肩こりや腰痛といった体の不調が改善されたという例もあります。

さらに、歯並びに対する心理的なコンプレッスが解消されることで、気持ちが明るくなったり笑顔に自信が持てるようになったりと、うれしい変化も。
これまで患者様の矯正治療をサポートしてきた経験の中で、そういった事例を数多く拝見してきました。
矯正治療は、歯並びを治すだけでなく、心身により良い影響を与える治療法なのです。

[画像]歯を矯正しないデメリット

歯を矯正しないデメリット

悪い歯並びは、見た目だけでなく全身の健康に悪影響をおよぼしていることがあります。
不正咬合を放置すると、次のようなトラブルを招きやすくなります。

  • ブラッシングしづらく、むし歯歯周病になりやすい
  • デンタルケアが十分できず口臭の原因となる
  • 食事でしっかり噛めない、丸呑みして消化器に負担がかかる
  • 息漏れや発音障害が起こる
  • 口元のケガや歯の破折が起こりやすい
  • 噛み合わせの悪さから顎関節症や骨格の歪みなどにつながる
  • 顔の骨格や顔貌に悪影響を与える
  • 心理的なコンプレックスになる
  • 口呼吸がおおくなると歯周病が進行しやすい

不正咬合の種類

上顎前突
じょうがくぜんとつ
下顎前突
かがくぜんとつ
上下顎前突
じょうげがくぜんとつ
上顎前突 下顎前突 上下顎前突
上の前歯が前に出ている噛み合わせです。
上の顎全体が前に出ていることもあります。
日本人に多く、いわゆる「出っ歯」とも呼ばれます。
上顎前突と反対で、下の歯が上の歯よりも前に出ている噛み合わせ。
「受け口」とも「反対咬合」とも呼ばれます。
上下の前歯が前方に突き出している噛み合わせです。
唇が閉じにくくなっています。
食べ物を噛み切るのに支障をきたします。
叢生
そうせい
開咬
かいこう
交叉咬合
こうさこうごう
叢生 開咬 交叉咬合
歯が重なり合って 生えている状態の歯並び。
「乱ぐい歯」とも呼ばれます。
「八重歯」も叢生の一種です。
ブラッシングしにくく、むし歯や歯周病になりやすいので注意が必要です。
奥歯を噛み合わせた時に、前歯が噛み合わず開いた状態。
食べ物を噛み切るのに支障をきたします。
口が開いたままになり、口腔内が乾燥しがちになります。
上下の歯を噛み合わせた時に、前歯と奥歯の噛み合わせが逆になっている部分があります。
顔貌に歪みが出たり、うまく食いしばれず、力が出にくかったりすることがあります。
過蓋咬合
かがいこうごう
空隙歯列
くうげきしれつ
 
過蓋咬合 空隙歯列
噛み合わせが深く、上の歯が下の歯を覆い隠してしまっている状態です。
歯と歯の接触が強く、歯や歯ぐきを傷つけることにもなります。
歯と歯の間に隙間が生じている、いわゆる「すきっ歯」です。
食べ物が挟まりやすくなります。
 
「あきやまデンタルクリニック」では矯正認定医が治療します
担当医 東堀 紀尚
専門分野 矯正治療
所属 日本矯正歯科学会 認定医 指導医

当院対応の矯正方法

スタンダードエッジワイズ法

[画像]スタンダードエッジワイズ法

当院が採用しているブラケット方式の矯正治療は「スタンダードエッジワイズ法」です。
歯の表面にブラケットという部品を取り付け、そこへアーチワイヤーを通して、歯に負荷をかける手法は一般的な矯正治療と同じですが、より精密な矯正が可能となります。

スタンダードエッジワイズ法は、歯のサイズ・傾き・方向などを厳密に読み取り、歯を動かすたびに適切にワイヤーを曲げる調整を行う、いわば職人技のオーダーメイド矯正。
仕上がりの品質の良さには数多くある矯正方法の中でも定評があります。
治療に際して矯正専門医の高い技術力が求められる治療法です。

リンガルブラケット

[画像]リンガルブラケット

リンガルブラケットは、歯の裏側(舌側)にブラケットという部品を取り付ける矯正方法。
正面から見て、矯正装置を装着していることがほとんどわかりません。
一般的な表側矯正に近い効果を得られます。
透明マウスピースを使う「インビザライン」は重度の矯正には対応できませんが、リンガルブラケットならあらゆる症例に対応可能。
なおかつ見た目も気になりません。
舌に触れる装置に初めのうちは違和感がありますが、数週間で慣れるのは、通常のブラケット方式と同じです。

小児矯正について

[画像]小児矯正について

小児矯正は、将来本格的な矯正治療が必要になった時の負担を軽減できるメリットがあります。
さらに、体や顎の成長する力を活用しながら歯を正しい位置に導けるため、少ない負荷で効果的な矯正が可能です。

お子様の歯並びのトラブルは、早めに矯正治療で対応できれば高い効果が期待できます。
特に、乳歯と永久歯の生え変わり時期は矯正を行うにはいいタイミングです。
計画的に治療を行うためにも、お子様の歯並びに気になることがありましたら、お早めに当院へご相談ください。

床矯正

[画像]床矯正

床矯正では、取り外し可能な矯正装置を使って、少しずつ顎を広げていきます。
子どもの矯正治療で重要となるのが、歯が正しい位置に並ぶスペースを確保すること。
顎の発達をしっかり促すことができれば、将来的に抜歯せずに本格矯正が行えます。

歯並びでお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。お問い合わせは 03-6454-4618

ページトップ