歯が痛い【一般歯科】 歯が痛い一般歯科

TOP >歯が痛い【一般歯科】

歯が痛いと感じたときには、むし歯は進行しています

[画像]歯が痛いと感じたときには、むし歯は進行しています

多くの方が経験のある「むし歯」は、歯の代表的な病気。
しかし、むし歯の仕組みや予防策をきちんと理解されている方は少ないというのが、歯科医療に携わる者としての正直な感想です。
むし歯についての正しい情報を得て、今後の受診や予防に役立てましょう。

むし歯について

むし歯を正しく理解しましょう

[画像]むし歯を正しく理解しましょう

多くの方がご自身のむし歯に気がつくのは、歯が痛くなったりしみたりと症状が出はじめてからというのがほとんどです。
このような症状を感じるようになったときには、すでにむし歯は進行しており、歯を大きく削らなくてはなりません。
歯を削ることは歯の寿命を縮めることにもつながります。
気になる症状がありましたら、できるだけ早めに当院に来ていただき、適切な処置を受けるようにしましょう。

むし歯になる仕組み

[画像]むし歯になる仕組み

「むし歯」という病気は、歯に付着しているプラーク(歯垢)の中に潜む細菌が原因の感染症です。
ミュータンス菌をはじめとする虫歯菌は、食後にお口に残った糖分から「酸」を生み出します。
この「酸」によって、歯が溶かされることが「むし歯」なのです。

むし歯を防ぐためには、お口の中から「むし歯菌」を減らしておくこと、そして、食後のお口に糖分を残さないことが重要。
そのためにも、毎日のセルフケアであるブラッシングを適切なタイミング(食後・就寝前)で行うことが大切です。
また、歯の性質によってはむし歯になりやすさが変わりますので、ご自身のお口の傾向をきちんと知っておくことも予防に役立ちます。

むし歯の症状と治療法
進行段階 症状・状態 治療法
CO ごく初期のむし歯
[画像]CO ごく初期のむし歯
歯に穴が開くほど溶かされてはいませんが、歯の表面が白く濁って見えます。
まだこの時点では、痛みやしみるなどの症状はありません。
この段階であれば、適切なデンタルケア(ブラッシング・フッ素塗布)で再石灰化が促され、削らなくても治ることもあります。
C1 エナメル質のむし歯
[画像]C1 エナメル質のむし歯
歯の表面のエナメル質が溶かされている状態です。
見た目が黒ずんで見えます。
冷たいものを口にするとしみることがありますが、痛みはありません。
むし歯に溶かされている部分を削る処置が必要です。
削った跡は、歯科用プラスチック(レジン)で埋めます。
C2 象牙質のむし歯
[画像]C2 象牙質のむし歯
エナメル質の下にある象牙質まで溶かされている状態です。
冷たいものだけでなく、甘いものを口にしてもしみるようになってきます。
時々痛みも感じます。
C1と同じように、むし歯に侵されている部分を削る処置を行います。
削った量にもよりますが、部分的な詰め物(インレー)で歯質を補います。
C3 神経に達したむし歯
[画像]C3 神経に達したむし歯
歯の内部を通る神経までむし歯が達しています。
何もしていないのに、歯がズキズキと激しく痛み、温かいものを口にしたときにも痛みが生じます。
この段階に達すると、歯の神経を取り除く治療根管治療が必要となります。
治療後は、被せ物(クラウン)で損なわれた歯質を補います。
C4 歯根まで達したむし歯
[画像]C4 歯根まで達したむし歯
見える部分の歯の歯質が大きく溶かされており、歯ぐきに埋まった根の部分までむし歯が達しています。
神経はすでに死んでいるので痛みは感じませんが、放置すると歯根部に膿がたまり、激しい痛みに襲われるようになります。
この段階まで達すると、根の治療も行えず、抜歯しか方法がありません。
抜歯後は、歯列のバランスを保つために、入れ歯やブリッジインプラントといった治療で歯の機能回復を図ります。

重度のむし歯には根管治療

[画像]重度のむし歯には根管治療

神経まで達したむし歯には「根管(こんかん)治療」を行う必要があります。
根管治療は、歯の内部を通る歯髄(しずい:歯の痛みを感じる神経)を取り除き、消毒して中に薬剤を詰める治療法です。
天然歯の根っこ(根管)を残すことで歯並びの乱れなど、お口の健康を大きく損なう「抜歯」を回避できるのです。

根管治療は、細く入り組んだ歯の内部の治療なので、丁寧な治療と確かな技術力が求められます。
そのため、治療に時間がかかり、通院回数も多くなり、また歯を大きく削ることにもなります。
根管治療が必要になるまで「むし歯」を放置しないようにしましょう。

無痛治療について

[画像]無痛治療について

東京都北区赤羽の歯医者「あきやまデンタルクリニック」では、治療時の痛みをできるだけ感じさせない「無痛治療」に取り組んでいます。
具体的には、麻酔時の注射の痛みを軽減することが主な目的です。

電動麻酔器

[画像]電動麻酔器

麻酔時の痛みを軽減するために、当院では電動麻酔器「カートリエースPRO」を採用しています。
使用するのは極細の注射針なので、針を刺すときの痛みを最小限に抑えられます。
さらに、コンピュータ制御によって一定スピードと圧力で麻酔薬を入れることができるので、注入時の嫌な感じを軽減できます。

電動麻酔器の他にも、麻酔をする箇所に歯肉の感覚を鈍くするお薬を塗る「表面麻酔」や、薬液を人の体温に近い温度にする装置「カートリッジウォーマー」も併用(体温に近いほうが痛みを感じにくいため)。
痛みの感じ方には個人差がありますが、これらの方法で多くの方が痛みをあまり感じなかったとのお声をいただいております。

むし歯は未然に防げるお口の病気です むし歯・歯周病になる前に
【予防歯科】

小児歯科について

[画像]小児歯科について

子どもは、乳歯が生え始めたころからむし歯になるリスクを抱えています。
また、乳歯も永久歯も生えたての段階では抵抗力が弱いため、むし歯になりやすいのが特徴です。
お子様が幼いと、自分自身で「むし歯」に対する予防ができません。
そのため、ある程度の年齢になるまでは、親御さんのケアが欠かせないのです。

北区赤羽の歯医者「あきやまデンタルクリニック」では、小さなお子様の歯をむし歯から守る処置をご提供すると同時に、子どもの歯を守る親御様のサポートも行っています。
お子様の歯に何か異変を感じたり、「むし歯かな?」と思ったりした際はお早めにご相談ください。
また、歯科医院へ通うことに慣れるためには、歯が健康なうちから通院することがおすすめです。
当院では、子どものための予防メニューも充実していますので、ぜひご活用ください。

「あきやまデンタルクリニック」の小児予防メニュー
ブラッシング指導
[画像]ブラッシング指導
お子様のお口の状態や歯の生え方に合わせて、歯科衛生士が正しいブラッシング方法を指導します。
親御様の仕上げみがきについてもアドバイスします。
シーラント
[画像]シーラント
むし歯になりやすい奥歯上面の溝を、歯科用プラスチック(レジン)で埋めておく処置です。
ブラッシングもしやすくなり、むし歯予防に大変効果的です。
フッ素塗布
[画像]フッ素塗布
歯質を強化し、むし歯予防に役立つ「フッ素」を歯の表面に直接塗る方法です。
乳歯にも永久歯にもおすすめです。
定期的な塗布が効果的。

歯並びでお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。お問い合わせは 03-6454-4618

子どもの歯並びが気になるならこちら 歯並びが気になる【矯正歯科】

ページトップ