歯の色が気になる【ホワイトニング】 歯の色が気になるホワイトニング

TOP >歯の色が気になる【ホワイトニング】

歯の黄ばみを白くするならホワイトニング

笑顔で並んだ写真だと、自分の歯の黄ばみが気になる
歯が黄ばんでいると老けて見えるって本当?
クリーニングを受けたけど、白さに満足できない

お肌の美容や美白などと同じように、歯の黄ばみを気にする方は増えてきています。
上記のようなお悩みを解決したいなら、「ホワイトニング」がおすすめです。

ホワイトニングで笑顔をさらに輝かせる白い歯を

[画像]ホワイトニングで笑顔をさらに輝かせる白い歯を

ホワイトニングは、薬剤を使って歯を内側から白くする方法です。
歯の色がワンランク白くなると、顔色も明るく・若々しく見え、清潔感があるなどポジティブな印象を人に与えます。

近年は、芸能人やモデル、スポーツマンばかりでなく、一般の方の間でもホワイトニングへの関心が高まっており、結婚式や就職活動などのタイミングに備えて事前にホワイトニングを希望する方が増えています。

東京都北区赤羽の歯医者「あきやまデンタルクリニック」では、天然歯の黄ばみを解消したいというご要望にお応えするため、ホワイトニングにも対応。
安全性の高いホワイトニング剤を採用し、より高い効果が引き出せるよう使い方についてもしっかりご説明いたします。
ホワイトニングに関心がある方や大切な場面を白い歯で迎えたいという方は、ぜひ当院へお気軽にご相談ください。

歯の黄ばみの原因

歯が黄ばむのには以下の4つの原因が考えられます。

原因1:着色汚れ 原因2:加齢
食べ物・飲み物の色素が歯質に沈着していることがあります。
コーヒーや紅茶、赤ワインやカレーといった色の濃い飲食物をよく口にしていると、着色の原因となります。
日本人の歯質はもともと黄色味を帯びています。
また、歯の表面のエナメル質が薄くなってくると、下層の象牙質(黄色味を帯びています)が透けて見え、黄ばんで見えるようになります。
原因3:抗生物質によるもの 原因4:紫外線
胎児の時に、お母さんが抗生物質を服用したり、フッ素を過剰摂取したりすることから、もともとの歯の色が変色してしまっているケースがあります。 日焼けで肌が黒くなるように、歯も紫外線によって変色を起こすことがあります。

当院のホワイトニング

北区赤羽の歯医者「あきやまデンタルクリニック」では、刺激を抑えた薬剤を使って、患者様のペースで取り組んでいただける「ホームホワイトニング」をおすすめしています。

ホームホワイトニング

[画像]ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、専用のマウスピースにホワイトニング剤を注入し、歯に装着することで薬剤を浸透させる方法です。
ホームの名の通り、ご自宅で自分の好きな時間に取り組めます。
テレビやインターネットを楽しみながら、読書しながら、就寝中など自分のペースでホワイトニングが行えます。
時間をかけてじっくりと歯を白くすることで、色戻りの少ない白さが手に入ります。

Tionホームホワイトニング

[画像]Tionホームホワイトニング

当院で採用している「Tionホームホワイトニング」は、光触媒を配合した酸化チタンを使用する新しいホワイトニングシステムです。
通常の5倍の酸化を促しながら、低刺激を実現した薬剤なので、ホワイトニングにありがちな「しみる」「痛い」ということが少ないと言われています。
他のホワイトニングで効果が得られなかった方や薬剤の刺激が強すぎてホワイトニングを諦めていた方に、ぜひトライしていただきたいホワイトニングです。

ホワイトニングの流れをこちらでくわしくご紹介 ホワイトニングレポート

予防処置のご予約もこちらからお気軽にお問い合わせは 03-6454-4618

ページトップ