あきやまデンタルクリニックの取り組み あきやまデンタルクリニックの取り組み

TOP >あきやまデンタルクリニックの取り組み

10年後、20年後もお口が健康であるための歯科診療を

[画像]10年後、20年後もお口が健康であるための歯科診療を

東京都北区赤羽の歯医者「あきやまデンタルクリニック」では、患者様の現在の口腔内から、10年・20年後の未来の口腔内環境を見据えた診療をご提供します。
今はトラブルを抱えているお口も、将来のベストに近づけられる治療・診療をご提案します。

こちらでは、当院の医院コンセプトを実現するための4つの取り組みをご紹介します。

取り組み1 安全で安心できる歯科診療

当院では、安全で安心の歯科診療をお届けするため、定期的に各学会や研修会、講習会へ出席し、最新技術の習得と研鑽に取り組んでいます。
また、当院では対応できないような難症例や特別な検査・治療が必要なケースでは、医療連携をする東京医科歯科大学医学部・歯学部附属病院などをご紹介いたします。
当院からご紹介することで協力体制を整えて治療を行えます。

自動生体モニターを完備

治療中の全身疾患があり、健康状態に不安がある方のために、持続的に血圧データを測定する装置『バイタルボックス』をご用意しています。
急な体調変化がないかしっかり確認しながら治療を行います。

取り組み2 心身ともに負担の少ない歯科診療

診療を受ける主体は患者様です。
当院では歯科診療にあたり、患者様が受ける心身の負担(ストレス)をできるだけ小さくするような工夫をしています。

なるべく抜かない、削らない歯科治療

むし歯歯周病が進行していても、可能な限り天然の歯を残せるための治療法を検討します。
むし歯治療では歯を削る量を最小限にし、神経を保護できるよう細心の注意を払います。

無痛治療

歯科治療で不快に感じる点として麻酔時の注射の痛みが挙げられます。
当院では、麻酔の注射を打つ際の痛みを軽減する「表面麻酔」のほか、コンピュータ制御による一定のスピードと圧力による注入を可能にする「電動麻酔器」や麻酔液を人の体温に近付ける「カートリッジウォーマー」を活用。
感じる痛みをできるだけ少なくする無痛治療を心がけています。

バリアフリー・最新の医療設備・快適な診療空間

当院では、ご来院いただいたどの患者様にも不自由を感じさせない診療空間作りを行っています。
ビルの4Fにある当院へはエレベータをご利用いただけます。
院内もバリアフリー対応。
スリッパに履きかえる必要がありません。
車イスやベビーカーでご来院いただいた際にも安心です。
また、レントゲンは被曝量を従来の10分の1に抑えるデジタルレントゲンを採用。
診療ユニットには、「タカラベルモント」社の最新の治療用イスを導入しています。

取り組み3 清潔第一の院内体制

ディスポーザル製品と滅菌

診療で使用する器具は、患者様ごとに使い捨ての製品を採用しています(エプロン・うがい用コップ・手袋・麻酔針など)。
使い捨てができない治療器具は、最新式の滅菌装置で細部まで滅菌し、衛生管理を徹底。
また、院内の機材ばかりでなく、診療ルーム・待合室まで入念な滅菌・消毒・清掃を行っています。
医療廃棄物は特別な業者への回収委託をし、環境への配慮も怠りません。

院内感染防止対策

歯を削ったときに出る粉塵や破片が空気中に飛び散り、院内感染の原因にならないよう、お口の周りからも吸収するセントラルバキュームを使用しています。
さらに空気清浄装置『エアロシステム35M』で空気中のウイルス・細菌・花粉といった微粒子も除去しています。

取り組み4 納得の歯科診療

当院では、患者様から治療に対するご希望をうかがうカウンセリングを重視。
患者様と歯科医師の調整役であるTC(トリートメントコーディネーター)を配置し、カウンセリング専用ルームをご用意しているのもそのためです。
さらに治療内容・治療方針についてわかりやすくご説明し、患者様のご納得・同意を得てから治療を進めるインフォームドコンセントも徹底。
患者様が安心して診療に臨める環境を整えています。

受診にあたっての患者様へのお願い
  • 初診は随時受け付けていますが、先にご予約されている患者様から優先して診療させていただきます。
  • 初診時には、健康保険証をご持参ください。お持ちではない場合は、お預かり金1万円をいただくことになります。
  • 生活保護の患者様は、医療券をご自身で手配していただくようお願いしております。
    もしお持ちではない場合はお預かり金をいただくことになっておりますので、ご注意ください。
  • ドクターは多少は英語での対応が可能ですが、基本的には日本語での対応になります。
    ( Doctor can correspond in English slightly, but basically it is correspondence in Japanese. )

お口のお悩みのご相談・ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせは 03-6454-4618

ページトップ