白い歯に変える前に 白い歯に変える前に

TOP >白い歯に変える前に

美しさは健康があってこそ成り立つものです

[画像]美しさは健康があってこそ成り立つものです

北区赤羽の歯医者「あきやまデンタルクリニック」では、美しい口元を手に入れるために、まずはお口の健康を維持することが大切だと考えています。

銀歯を白い人工歯に交換する審美歯科や、歯の黄ばみを改善するホワイトニング、口元の見た目を整える矯正治療によって、患者様自身の気持ちが前向きになることは十分承知しています。
しかし、“見た目”と“気持ち”の関連性も大事ですが、美しさは健康のうえに成り立っていることを忘れてはなりません。

歯を白くする前に治療を優先しましょう

初期治療

[画像]初期治療

当院では、審美歯科でも、ホワイトニングでも、まず処置を行う前にお口の中の健全性をチェックしています。
どんなに素晴らしい審美素材を取り付けても、どんなに歯を白く美しくしても、お口にトラブルがあるとせっかくの処置が無駄になってしまうからです。
むし歯歯周病もきちんと治療を行って、美の土台となる「健康」を確保しておきましょう。

根管治療

[画像]根管治療

重度のむし歯は、きちんと根管治療を行って問題を取り除いておく必要があります。
根管治療は時間も手間もかかる治療ですが、しっかり治療を行わないと、美しい被せ物を取り付けてもすぐに再治療が必要になってしまいます。
再治療は一般的に成功率が下がると言われているので、何度も治療を繰り返してしまうと最悪の場合、抜歯で歯を失ってしまうため、最初の治療をしっかり行うことが肝心です。

歯周病コントロール

[画像]歯周病コントロール

歯周病は、歯の土台となる歯肉や顎の骨に悪影響をおよぼす病気。
重度の歯周病では、歯肉や顎の骨が支えきれなくなって、歯が抜け落ちてしまいます。
美しさを追求した歯科治療を行っていても、歯周病でお口の土台が崩壊するとすべて台無しになってしまうことになります。
また、被せ物などを入れた後に歯ぐきが下がって、被せ物と歯のすき間が見えてしまうこともあります。
歯周病の治療の基本となるのは、病原菌の潜むプラーク(歯垢)をしっかり除去すること。
プラークコントロールで歯周病もコントロールできるのです。

プラークコントロールはむし歯予防にも効果的。
よりよいプラークコントロールには、セルフケアであるブラッシングと歯科医院で受けるプロによるケア、PMTCの併用が欠かせません。
当院ではお口のトラブルを未然に防ぐ予防歯科で対応しています。
積極的に活用して、健康と美しさの追求にお役立てください。

インプラント周囲炎

[画像]インプラント周囲炎

インプラントの周りの組織が炎症を起こす「インプラント周囲炎」になることがあり、この症状が進行すると骨との結合が壊れてインプラントが抜けてしまいます。
インプラント埋入後はそれで終わりではなく、ご自身の歯と同様に日々のお手入れと歯科医院での定期的なメインテナンスが重要です。

天然歯を内側から白くするなら…… 歯の色が気になる【ホワイトニング】

ページトップ